加齢臭の原因について

確実に加齢臭を対策していくためには、体内からのケアがオススメです。フィトンチッドや柿渋、緑茶といった有用成分を効率よく補うことで、体内から加齢臭を防ぐことができます。

加齢臭の原因について

加齢臭の原因について加齢臭は、一般的に「おじさんの臭い」というイメージがあると思います。

 

実際に中高年の男性に多いのですが、性別問わず、女性でも発生することがあります。女性の場合は、閉経したころに加齢臭が出ることがあるそうです。女性の場合はホルモンの関係上、臭いが発生しにくいとされているため、男性に多いイメージが浸透しているようです。

 

この加齢臭の原因ですが、根本的な原因物質は「ノネナール」と言います。資生堂が研究により発見したもので、このノネナールが皮脂腺から分泌されることにより、身体にいたるところから臭いがあらわれます。

 

独特の臭いが発生するのですが、加齢臭は自分では気づきにくいものです。そもそも自分の臭いには鈍感であるため、周りが気付きやすいとされています。ですが、セルフチェックする方法はあります。

 

皮脂腺は耳の裏に存在するので、そこをティッシュで拭き取り、臭いを嗅いでみると分かります。

 

ちなみに、30代くらいの男性で加齢臭を感じる方は、他の原因物質が関係しているかもしれません。「ベラルゴン酸」という物質が発生源となっていて、厳密には加齢臭ではないとされています。

 

いずれにしても、臭い対策には抗酸化が有効な策です。体を清潔にし、抗酸化成分を含む石鹸を使用するのも効果的ですが、それだけでなく体内からのアプローチも検討してみましょう。

 

抗酸化成分をサプリメントなどで効率よく摂ることによって、体内から消臭していくことができます。